2017年10月13日 (金)

今年も四万十川ウルトラマラソンだ!!

🏁今年も四万十川ウルトラマラソンだ!🏁

今年もやって来ました!【四万十川ウルトラマラソン】が・・( *´艸`)・・ぎりぎりの応援Blogです(;´∀`)

1

🌼コスモスの咲くころやって来る!四万十川を背にコスモスも嬉しそうだ🌼マラソン走路の清掃や花植えも各地域の皆さんが心を込めて行いました。当日も色々な形で活動します。声をからしての声援もランナーさんに届くと良いですね♡

287

コースの至るところに咲くコスモス🌼昨年は咲くのが早すぎたが、今年はまだ待っている花達だ!

3

ちゃちゃも【撮っちょ木】にて応援?2~3日前の画像です。

今年もまた近場のご案内✋と言うよりも苦しい所を乗り切ってほしいとの願いを込めて・・ちゃちゃと回りました。4
 四万十川が木々の隙間からチラチラ見え隠れする景色と共に走る🏃走る🏃🏃🏃

5

ちゃちゃ応援!!きっとこんな顔で目いっぱいの応援をしただろう・・と想像( ´艸`)

6

数キロ走って【久保川休憩所・給水所】へ・・川のせせらぎが聞こえるはず👂7
8川からの心地よい風を受けながら咲くコスモスに励まされて・・頑張れ(^^)/(蜂くんも応援♬)

9そのすぐ側の久保川トンネルを抜ける(約80km地点)ランナーさん達はこうして当日までに色々な方法で試走する姿が見えます。

10ちゃちゃも休憩所の階段で応援・・「苦しいけどがんばれぇ~!👏」なんて・・

11

【ウルトラマラソンコースマップ】・・四万十市公式ホームページより🔍拡大にてご覧あれ!後半の走路は苦しいですねぇ~

121数キロ走り、右手に【勝間沈下橋】が見えて来る。

132

沈下橋と青い川船に励まされて‥進む進む・・runrun

14
15

2km程進んだらオートキャンプ場の【かわらっこ】前を通る。ランナーの方でここでキャンプされた方もいるとか・・

161
162_2

本当はこんな景色も堪能してほしいが、マラソン以外に楽しみに来てください(^_-)-☆川原に下りれば、向こうに【高瀬沈下橋】も見えるのです。

17happy01ちゃちゃは言います。綺麗な川も見に来てね👀と・・( *´艸`)

18_2🌼道端のコスモスの花に背中を押されて・・進む・・進む・・runrun

19
87km地点・・郵便局前・・コスモス達が迎えてくれます。happy01

20
21
🏁蜂くん達もこんな風に応援しているのではないでしょうか🏁この地点を超えれば後13kmです💪

22
23🌼キバナコスモスの黄色やオレンジ色に励まされて・・shoeshoe

24

ウルトラマラソンの🏁🏁が背中を押してくれるはず(^^)/この地点で明暗を分けることも多いと言われます。

あきらめるか?進むか?もうひと踏ん張り!と足を引きずって進む姿が胸を打つ♡(⋈◍>◡<◍)♡

25 

ちゃちゃは🏡家の中🏡で応援です。こんな顔をしてるのかも?ドスがきいててごめんなさいね(笑)

 

この1週間は真夏のように晴れた天候でした。しかし、雨予報もある日曜日のウルトラマラソンの日(;´∀`) どうぞ、ランナーさん達が気持ちよく走れますように♡と願うばかりです。

 

( *´艸`)私は、今年も早朝のスタートを見届けた後👀、ゴール会場に移動して待っています。

 

      皆さん!最後まであきらめずに、頑張って👏👏

 

 
















 

 

 

 





 

 

 

 

 

2017年9月28日 (木)

🌼ちゃちゃと彼岸花🌼

🌼ちゃちゃと彼岸花🌼 

 前回 家の彼岸花をアップしてから随分立ちました。あれから彼岸花に魅せられた私です。

Photo
 台風後、隣の空き地に一斉に咲いて来た彼岸花をちゃちゃと一緒に観賞です。

Photo_2
 ここは隣の空き地。最近は家主さんの姿も見えなくなってきました。庭の草刈りだけはご近所さんと一緒にしますが、特に世話はしなくてもちゃんと咲く彼岸花の強さを感じます。

Photo_3
 ちゃちゃと柿の葉 なんとも愛らしく見えませんか?葉っぱとひそひそ話です( *´艸`)

Photo_4
あの柿の木目指して・・ヨッコラショ!リードを外せないのが残念だけど・・どんどん進むちゃちゃ

Photo_5
 そして・・ちゃちゃ(*´з`)チュッ! 愛をこめてぇ~・・( ´艸`)もうもう・・可愛すぎ♡親バカ('◇')ゞ

Photo_7
柿の木と彼岸花・・・柿の木には、毎年どっさりと実がなります。柿の木も強いなと思ったり・・

Photo_8
早朝の彼岸花はみずみずしい( *´艸`)柿の木に見守られて安心して咲いているような・・

Photo_9
その彼岸花にも想いをはせています。

Photo_10
小さい頃には、ここの家のお兄ちゃん・お姉ちゃん達と良く遊んでもらった場所でした。

Photo_12

綺麗な彼岸花に見入るちゃちゃ・・ちゃちゃにはどんな風に映っているのでしょうか?

Photo_13
 立ち姿も美しい?でも、なんとなく可憐な感じですね。咲いてくれてありがとう♡そう言いたくなります。

Photo_14
 蝶も羽を休めにやって来る。台風後の傷ついた羽がなんとも・・しばらく英気を養っていましたよ。

Photo_15
 彼岸花から透かして見る風景は色々な事を想いがよみがえる。

Photo_16
   ( *´艸`)ちゃちゃ哀愁の表情~( *´艸`)ちゃちゃと魅せられた彼岸花🌼その後も、どんどん咲いていました。

 bookhappy01ちゃちゃと彼岸花のデジブックを作ってみました。デジブック初登場のちゃちゃです。

 

一緒に彼岸花も楽しみませんか?フル画面で見てやってくださいね( *´艸`)

       

お付き合いありがとうございました。彼岸花にはまだまだ魅せられている私です。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

2017年9月23日 (土)

(^_-)彼岸花の咲くころ(^^♪

🌼彼岸花咲くころ🌼

happy01先日の台風後の置き土産のように、彼岸花があちこちにどんどん咲いて来た。

 秋の訪れをちゃんと教えてくれる花だ。そして、ちょっぴり思い出もよみがえり哀愁に浸りたくなるのもこの時期かもしれない。

1
run台風の過ぎ去った後、地域の運動会は平常通りに開催された。もちろん、沈下橋はお昼ごろまで川の中!早朝に迂回路で集合する子ども達と地域の皆さんもいた。この運動会のことは1週間遅れの報告になってしまった(;´∀`)))

Photo
punch真っ赤な彼岸花のように燃えたみんなだ!すがすがしい姿だった。

Photo_2
台風一過の青空のもとで保育・小学・中学・地域全域の運動会は気持ちの良い風に吹かれて開催された。小さな地域の少人数の子ども達は、相変わらずに何役もこなして生き生きだ。

中学生が保育園児の子ども達の小さな手を握り同じダンスをする・なんて・微笑ましい事限りない♡♡他では味わえない光景だhappy01heart04

Photo_3
 100m走があるかと思えば、縄ない競争や地域伝統の太刀踊りもあった。先輩たちの(恒例の)宝釣りもあり、老いも若きも笑いあっての生き生きとした1日だった。

Photo_4
 結果は、子ども達の紅白対抗は、たったの1点差でびっくり( *´艸`)lovely

motorsports子ども達にもmotorsports地域対抗にも優勝旗がわたり、皆さん笑顔での終了(^_-)-☆帰りは午後から顔を出した沈下橋を渡って帰る子ども達や地域の方々の姿も見えた。

Photo_5
🌼彼岸花咲くころには、沈下橋の風景で脳裏に焼き付いた光景をいつも思い出す。

Photo_6
 それは愛犬テリーの姿だ。テリーと歩く沈下橋。あの長い毛並みをさやさやとなびかせながら、風を受けてかっこよく歩く姿・クリクリの優しい瞳を時々こちらに向けながら、四万十川に哀愁の目を向ける。沈下橋を渡るたびに今でもテリーは側にいるのだと感じる。

Photo_7

Photo_8

 沈下橋からの風景や彼岸花の咲き方も随分と変化して来た。それでも、沈下橋は変わらずに四万十川をどっしりとまたいでいる。

Photo_9
 confidentなぜか台風後にグングンと咲き始める彼岸花🌼

Photo_10
confidentお彼岸さんの時に想いと想いを繋ぐ。そんな花なのかもしれない。

Photo_11
 typhoon台風後には、水の事故もあり行方不明の方々は懸命の捜査で家族の元に帰ることができた。ご冥福を祈りたい。

Photo_12
 彼岸花には蝶が舞うのが似合う。一匹ヒラヒラ舞っていると、必ず後からお相手さんもやって来て蝶の舞いが行われる。なんだか優雅だ。

Photo_13
四万十川の風は台風時には厳しすぎる。けれどもどんな時も季節を伝えてくれる。秋の風も運んできてくれる。色々な秋を感じていたいなと思う。

Photo_14
はい!ちゃちゃも感じているようでして・・こちらに迫って来る!来る!runそして、ギュッと抱きしめる。テリーの分も、ギュギュっと抱きしめる。

Photo_15
( *´艸`)季節を感じるのが早いちゃちゃは、丸まってお団子のようです。 

まるまるちゃちゃの姿はほっかり(⋈◍>◡<◍)寒くなって来ると抱っこもねだるようになるなぁ~と思うとなんだか嬉しい親心だ♡

Photo_16
🌼彼岸花の話しは続きます。彼岸花は、どんな想いを伝えてくれるのかな~?🌼







 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年9月16日 (土)

✋【口屋内沈下橋風景】続き~✋

(⋈◍)口屋内沈下橋続き🌌 🌌

 台風がすぐそこです。怖いですが仕方ないですね。被害が少なくすみますように・・

11
typhoonまたまた台風だって!!沢山雨が降るかな~?・・とちゃちゃはつぶやきます。

12
毎年困ったものだね~(;´∀`)四万十川も荒れるかな~?

13
💦さて、前回から早くも数日たってしまいましたが、👀覗き見続けましょう()👀

木々の隙間から覗くと、口屋内沈下橋。そして、川原にはうっすらと白いものが・・

2
拡大してご覧ください🔍 赤鉄橋の上を大きな羽を広げて飛んで行ったシラサギは、こんな所にじっとたたずんでいた。( *´艸`)

3
 じっと川の流れの中を見つめるシラサギだ。四万十天然鮎は捕まるのかな?絵になるなぁ~

4
 穏やかな流れの中で川は空の色を映し出す。うっとりだconfident

5 

木陰の道を進みながら空を見る。トンビが頭上近くに飛んで来て挨拶だ✋✋

5_2 

あの景色が見たいな!そう思って進むと・・見えて来た!橋からは何かの仕掛けなのか?2本の丈夫な紐の先には・・サワガニや川エビだろうか?

6

誰が名付けたのか【天皇橋】だって()言われは解らない。

7そこから上流を見ると・・こんな風景も見える👀ふと、≪モネの庭?≫を想わせるような・・?そこに【青い睡蓮】を浮かべたらと想像した。以前は、もっとコバルトブルーの景色が見えたが・・枯れ葉が浮かんでいる。

8

橋から上流に向いて右手を見れば、【黒尊川】からの流れが四万十川に流れ込む。向こうには口屋内沈下橋が見える。

9

近くの公園から口屋内沈下橋を見る。

10グッとズームすれば、沈下橋近くに黒尊川の澄んだ水が流れ込んでいるのが解る。
11_2

ほんの少しアーチ型をした優しい沈下橋がうかがえる。

12_2

実際にはこんなに長い橋である。洪水のたびに川原の変化があり、橋げたを隠すような感じになっている所もある。中央左端には「旧口屋内小学校」が見える。🔍

13_2
帰りには赤鉄橋を通りながらもう1枚だ。( *´艸`)

14
シラサギは、まだ頑張っていた!じっと長時間待つ姿がなんだかいじらしかった。🔍

15

四国も台風接近中!!コスモス達も洪水にならなければよいなと願っているように感じた。

typhoonrainthunder皆さん!お気をつけてお過ごしくださいね( ˘•ω•˘ )typhoonthunderrain

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

2017年9月11日 (月)

♬久しぶりに口屋内沈下橋風景を~♬

🎶久しぶりに口屋内沈下橋風景を~♬

青空と爽やかな風に誘われて、久しぶりに外での昼食~(/・ω・)/~♬restaurantcafenotes

食後は【口屋内沈下橋】ゲットしよう!!

Photo
 【口屋内沈下橋】は勝間沈下橋から6~7km上流にある。どっしりと・・でもまるくて優しげな橋げたが魅力だ!川の色と良くマッチしている。また後程に紹介しよう!

Photo_2
 【しゃえんじり】案内板 口屋内沈下橋から2030m手前にある【農家レストラン しゃえんじり】ずっと変わらぬ看板で、農家のおばちゃん達が地元食材で腕を振るってくれる。

1
restaurantバイキング方式でおかわりはいくらでも~( *´艸`)

店内は数年前に改装され、居心地の良い雰囲気の中での食事が楽しめる。この日は外のテラスにて頂く。四季折々の食材を使っての料理だ。

  本日は👉煮物(かぼちゃ・大根・たけのこ等)・あえ物(リューキュ―の酢和え・各種野菜の豆腐和え・茄子の南蛮漬け等)・揚げ物(川エビと野菜の天ぷら・かぼちゃの天ぷら等)炒め物(ゴーヤの卵炒め・きんぴらごぼうと人参等)サラダ各種・麺類(ソーメン・スパゲティー等)ご飯(炊きこみ・白米に冷や汁かけ好みで)付け合わせ(梅干し・ラッキョウ・みそ豆)等など・・Papagonは何度お変わりしたかな?

Photo_3
good少したって、おばちゃんが持って来てくれた《あめごの 南蛮漬け》まるかじり~✌(鮎が良く取れる時は、四万十川の天然鮎がでる)

食後のデザートcafeコーヒーorゆずジュースとゆずゼリーとパウンドケーキ・・

 締めて1300円なり!👌👌👏お腹も心も満足( *´艸`)

Photo_4

さて、口屋内沈下橋に会いに行こう!今日はちょっと遠くから📷してみよう!ここは【口屋内大橋】赤鉄橋です。ライダー達もここを渡って口屋内沈下橋に向かう。

Photo_6
大橋から川下方面の景色👀(^_-)-☆☆四万十川はいいなぁ~とつくづく思う♬

Photo_7
 もう一枚!ずっと下ればいつもの【勝間沈下橋】のある方面だ!👀見入ってしまう👀

Photo_8
 上流の【口屋内沈下橋】方面・・雲が秋を連れて来る感じだった。沈下橋は集落と集落を繋ぐ生活道だと良く解る。

Photo_9
 この日はカヌーやキャンプの様子も見えた。釣りなどもしていた。

Photo_10
 老朽化で修復が随分とかかってしまった沈下橋。ここを旧口屋内小学校の子ども達は通学路として通っていた。橋は修復されたが、右手国道の道から降りて来る通路が大規模に崩れ、今も通り抜けできなくなっている。

 

Photo_11
 【旧口屋内小学校】には沈下橋を渡り、左手坂を上るとたどり着く。洪水で沈下橋が沈んでしまったら、写真を撮っているこの赤鉄橋の口屋内大橋を渡り遠い道を通学したと言う。

 

Photo_12
 学校下のこの渦のような流れが気になった。魚たちが沢山集まるのな?学校が統合される前の子ども達の賑やかな声も聞こえてくるような気もした。

1324
 赤鉄橋を渡りきると・・こんな手作り立札が・・自転車で黒尊(くろそん)まで24km?車でも24kmだよねぇ~( ̄▽ ̄;)なんて話したことだ。秋の紅葉が素晴らしい所だ🍁🍂

14
goodこの案内板がなかなかユニークなんです。何時見ても楽しい(^^♪鹿も猪も出て来るぜぇ~(笑)拡大にてお楽しみあれ♬🔍👀

15
 夏を名残り惜しそうに咲く花々・・四万十川をバックにちょっと贅沢な花達だ🌼🌼

run心地よい日陰の道を歩きながら四万十川を覗き見る。優しい風が体に染みる(⋈◍>◡<◍)

16
 蝶もなん種類か飛んでいた。ひらひらと花達を巡っていた。向こうにうっすら見えるのは口屋内沈下橋だ!解るかな?木々の間の覗き見も楽しいものだ♬🔍👀

 

(‘’ω’’)ノ今日はここまで!!続きも覗き見👀したりいたします(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

«夏も過ぎ?秋の準備が・・

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ